オールデン モデル紹介 オールデン史上最も売れた不朽の名作990を履いてみました。

2020年03月11日

 

今回の紹介はオールデンの「990」。「990」といえば、オールデン史上最も売れた不朽の名作です。今回そんな990を履いてみました。

 

 

最高品質のコードバンの美しさを存分に堪能できる外羽根プレーントゥであり、コアなファンはもちろんファーストオールデンにもこのモデルを選ぶ人が多いと言われています。

 

今回は、そんなオールデンの代表作「990」を履いてみた感想と魅力を紹介!

 

 

日本における現行モデルで一番古いモデルが990.ドレスラインを代表するバリーラストで、受注数ではナンバーワンを誇るのがこちらのモデルです。

 

他のモデルに比べて990はアッパーに縫製箇所が少なく、990は唯一のワンピース構造。そのためアッパーはコードバンの中でも最も美しい箇所が選ばれています。

 

しかも一枚革ですので、他のモデルのようにパーツを縫製したアッパーに比べ耐久性も良く、足が包み込まれるような履き心地にもなっております。

 

そう言った意味でも人気の理由が分かりますね。

 

ホーウィン社のシェルコードバンは他の革では表現できない美しい光沢を放ちます。

 

 

 

 

 

横から

 

バックスタイル

 

オールデン990のカラーはダークバーガンディーですが、こちらのカラーの醍醐味と言えば、色抜けにあります。

 

色抜けすることによって個性が出て、他にない色合いになることこそが醍醐味だと言えます。

 

購入当初と比べて、色が変わらない靴も良いのですが、経年変化を楽しめる靴のほうが、育てがいはありますよね。

 

 

今回、試着した商品は中古で御座いますので、購入当初のような、黒みがかった赤もだいぶ色抜けし、赤みが増した感じがします。

 

このようにオールデンのコードバンは一点一点履き方やメンテナンスにより、経年変化を楽しめる一生モノの靴です。

コラム一覧ページに戻る

買取の流れ

実店舗のご案内

よくあるご質問

買取強化ブランド

最新!買取実績

お客様の声

Mr.jacket